「AISEG2」に進化しました!

 2018-04-11
パナソニックのアイセグが 「2」に進化しました。
どのくらい進化したのか 体感してみたいです。

2018-04-10 (4)

アイセグと繋がる分電盤への交換が 必要になると思われます。
Googlehomeと繋げて、各機器を「一言」で操作できるようになるそうです。
階層式から抜け出せれば 実用化に近づきます。

パナソニックが三菱やダイキンと連携しているようですね。
2018-04-10 (5)

アイセグの導入の目的は 電気の消費状況を把握することです。
どの家電がどのくらい電気を消費しているか調べて
ブログで公表したいですねえ(^^;

そろそろ、我が家に導入を検討します。(^^)

PS:自分でいじらないと、真実は語れません。(^^)/
  最近、ヒカキンTVみたいになってきたかも。

カテゴリ :IoT トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

回転寿司について真剣に考える

 2018-04-10
高いお金を払って 美味しいものを食べる。

でも、それでは当たり前ですね!
それではつまらないので
お手頃な値段で 美味しいものを食べたい!

良いお店を探がし続ける、それが私の人生なのです。

とにかく、地物を中心にオーダーします!(^^)
回ってるのを取るのではなく、オーダーします。
01183a775a3688f9ce143c46812a45411365bb1896.jpg

鰯が美味い!豊漁らしいです。
01b51f7e5eb7dd016ac2020e6ea29874372cd63603.jpg

厚切りブリもおいしゅうございました。
01ea36f815c8d2a564e87d05c144ddf543f168f865.jpg

あとは、ヤリイカ、エンガワ、カワハギ、ウナギ、ミズダコ、アジ、ガンドと
続いてオーダーします。
あら汁、白エビ唐揚げも忘れずにオーダー。

家族3人で6500円の所、
金券があったので2000円引きでした。

これぞ、金沢に住むメリット!(^^)/

PS:寿司はささっと食べる感じですね。
  ゆっくりする時は、静かな居酒屋へ行きます。(^^)

カテゴリ :ひとりごと トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

凍害による塗装板サイディングの損傷

 2018-04-06
こちらは、私の妻の実家です。
ただいま、外壁の改修工事中です。
01a4b4109edab8e6890397522d5694709344517317.jpg

実は、15年前に改修した外壁を 再改修しているのです。
15年前に塗装板サイディング(縦張り3×10板です)で改修したのですが、
そのサイディングが凍害で痛んできました。

飾りとして木の板を張っているのですが、そこからの伝い水が原因と思われます。
軒先の無いパラペット構造は やはり外壁が傷みやすいです。
014f693bd79ba2992d729f24b4fcd3cfa1f9364f08.jpg

サイディングの中央部でも塗装の剥離が見られました。
凹凸の少ないサイディングなのに発生しました。
これはちょっと意外です。
018dd4ecdb9e274031bac23cfae8e74102f697ba4c.jpg

この商品(サイディング)はハウスメーカー在籍時にも良く使っていました。
工場で塗装をした商品は耐久性が高いと みんな信じていたのですが・・・
0147dbb0677ec740a9f80a04f3b1f7b0b82ad781f1.jpg 

サイディングの下端の木口は損傷を受けやすいです。
コーキングは劣化して口を開いています。
01496ea08cd10cebd3d41c84fd4040a4685f462832.jpg
紫外線にさらされるコーキングの劣化は想像以上に早いです。
アクリルリシンなどの塗膜でコーキングが覆われている場合は かなり持ちが良いです。

この後
・コーキングのやり替え
・シーラー塗装ローラー塗り
・シリコン系塗装ローラー塗り
と言った流れで工事を行います。

今回の工事で外壁は25年間は持つはずです。

塗装板サイディングは耐久性が意外に低いです。
特に軒が出ていない場合は 耐久性が心配。
露出したコーキングは10年~15年の耐用年数です。

そう考えると、北陸においてメンテが楽なのは
①ガルバリウム鋼板
②リシン吹き付け(3×10板下地)または ウッドブリース左官仕上げ
③金属サイディング(値段は高いですけど!)
④タイル張り(値段は高い!)
だと思います。

当事務所では 外装材も好みに合わせて選べます。
外装材について 一緒に研究しましょう!

PS: この事を細かく語る人は少ないです。

カテゴリ :建築 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

Fグループホームの契約会です

 2018-04-04
4月3日
Fグループホームの契約会を行いました。

DSC_0028_201804041526349b7.jpg

今まで石川県には存在しなかった「高気密高断熱仕様」のグループホームです。
もちろん、気密測定も行います。(^^)
入居される方が快適に生活できるように 
クライアント様がこの仕様を選択されました。

CONCEPT建築設計流の分離発注方式で建築しますので
建築費は600万円は安く建築することができます。
建築費の大きな物件だと コストメリットはかなり大きいです。

DSC_0031_20180404152519756.jpg

いよいよ、着工順に掛かります。

PS:せっかくなので BELSも取ろうと思います(^^)/

カテゴリ :契約会 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

建築中の現場を見てください

 2018-04-03
こちらはN邸の建築現場です。
バイオリニスト大工さんが 施工中です。

ちなみに、気密測定では0.14c㎡/㎡という結果でした。(^^)

IMG_6778.jpg

工事中の現場で
木が息をできないかチェックしても良いですね。
断熱材の表面温度を測るのも良いですね。
スジカイの本数をチェックするのも良いですね。
気密の取り方を見るのも良いですね。

自分の家の気密測定に立ち会う事も可能です。
最近、数値をねつ造したり、ねつ造を依頼したり、
施主様が見ていないとインチキをする会社も増えています。
「気密測定に立ち会いたい!」と言った時に 
拒絶するハウスメーカーはやめておきましょう。

当事務所では特に構造化内見会をしておりませんが、
ご希望があれば いつでもご案内させて頂きます。

よろしくお願いいたします。


カテゴリ :ひとりごと トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫