FC2ブログ

10年前のアイシネンが見れますよ!

 2018-11-29
当事務所の点検口を開けると 10年前に施工したアイシネンを見ることができます。
紫外線が当たらないので、劣化は無いですね。

01e509d7a0f77cdd59e38ce2eea84e6cc1558ecfdf_2018112912065667b.jpg

「現場発泡断熱材」を否定する設計士もおりますが、
良い商品を選べばまったく問題ありません。

私は、「ダイライト+アイシネン」の家に住んでいますが
「パネル工法」の入れにも かつて住んでおりました。
「気密シート+グラスウール」の家に住んだことはありません。

「気密シート+グラスウール」は材料費が安くつきます。
でも、大工さんの労働日数が増えます。
これは、工期が伸びるので嫌です。
複雑な形状の家や下屋の多い家では、気密が取りにくくて嫌です。
気密シートを繋ぐ位置に気を使うので嫌です。
電気屋さんの施工も面倒になるので嫌です。
屋根断熱も施工しにくいので嫌です。

と言うわけで「気密シート+グラスウール」で家を建てる気は 今後もありません。

ちなみに 現場発泡も色々ありまして
現在は3社の製品がシェアを取っていおります。
中には、訴訟を抱えたメーカーさんも存在します。

当事務所としては 19年前にアイシネンを初めて採用しました。
そのころ、国産の現場発泡断熱材は大したものがなく
木造住宅への施工事例は極めて少なかったです。
そこで、カナダで開発され、実績も多かったアイシネンを選択いたしました。

コスト的には国産より3割ほど高いですが、要となる建材なので
あえて良いものをセレクトしました。(^^)

ハウスメーカーや設計士は色々言ってくると思います。
でも、本当に知識と経験のある人は少ないです。

失敗しないように、お気を付けください!m(__)m


カテゴリ :断熱材 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫