FC2ブログ

echo dot 運用開始!

 2017-11-27
AmazonのAIスピーカーを入手!
(スピーカーは付いてませんけど)

運用を開始します。

015b7fac7cc7660d3d2353b2233a411ace434f669d.jpg

Google、Amazon、Sony を使い比べてみます。

使い勝手はともかく
Sonyはデザインがイマイチなんですよね(^^;
頑張ってほしいな。

PS:この商品、プライム会員は3980円で入手できましたよ!

カテゴリ :研究 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

Bluetooth対応照明はダイコウ照明が先行

 2017-11-23
AIスピーカーやスマートリモコンが普及するにつれ
Bluetoothで繋がる照明器具のニーズが高まりそうです。

Bluetooth対応照明は ダイコウ照明が先行しているように感じました。
パナソニックの機種は高額ですし、
コイズミ照明は対応の機種がまだありません。

010628597427262d86ebb18658d87e2e74158c8fb1.jpg

当事務所では2種類購入して 実験を開始します。
折角なのでAIスピーカーと繋げたいです。(^^)

ダイコウ照明はLED化が始まった時にも対応が早く、
それ以来、このメーカーの製品を使うことが多くなりました。

このメーカーは他にも良い感じの製品を作っていますので
一度、ホームページを覗いてみたらいいと思います。

最新の情報を 家を建てようと考えている方に
できる限り早く お伝えしたいです。(^^)
もちろんOB施主様にもです。

ハウスメーカーでは出来ないことをガンガンやります!
それが、プロフェッショナルな設計屋です。

PS:とりあえず、今回はシーリングと間接照明用を買ってみました(^^)

カテゴリ :研究 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

OB施主様がデーターを提供してくださいました(^^)

 2017-11-21
射水市の「床下エアコン暖房の家」にお住いのOB施主様より
LINEでご連絡がありました。

IMG_1232.jpgIMG_1233_201711211054463fd.jpg

ネタトモを活用してバッチリコントロールされてます。
住んでからも色々実験できて楽しいですよね!

温度データを拡大いたしました。
真冬のデータを早くとってみたいですね!
IMG_1234.jpg


ネタトモやTVなどでシステムをばっちり組まれてますね!
私も見習いたいです~(^^;
IMG_1235_2017112110544924a.jpg


コンセプト建築設計とOB施主様は
こうやって情報を共有しております。
普通のハウスメーカーとはチト違います。

こんな事が好きな方は コンセプト建築設計に設計をご依頼ください。(^^)

PS:
 今、エアコンの研究で忙しく、ひと段落したら「Google home」の
 設定を開始します!


カテゴリ :研究 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

Google home 使ってみます

 2017-11-20
Google home を入手したので 使ってみます。

役に立つか分かりませんが 一度体感してみます。

今後、AIスピーカー(Bluetooth&Wi-Fiコントローラー)は
少しずつ普及すると思われます。

018dedbb4ac617b3c868dd00c7e26661a09e4fb756.jpg

これと連動できるエアコン、照明器具、セキュリティーシステムを研究します。
言うまでもなく TVやオーディオもチェックします。

クライアントの皆様にアドバイスできるよう、一足先に使用してみます。(^^)/

カテゴリ :研究 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

「日本透湿防水シート協会」をご存知ですか?

 2017-07-21
「日本透湿防水シート協会」をご存知ですか?
興味がございましたら、このHPを覗いてみてください。

ちょっと気になる事がありまして・・・・

全画面キャプチャ 20170721 174122

最近、現場発泡の断熱材を
透湿防水シートに吹き付けしている家を良く見ますが
これって危ないんじゃないの?
と思いまして、色々調べてみました。

この協会が指摘しているのは、
発泡時に力が掛かって外側に膨らみ、
壁体内通気が阻害される。
と言うリスクについて警鐘を鳴らしています。

でも。リスクはそこじゃないんですよね。

全画面キャプチャ 20170721 175751 
透湿防水シートに吹き付けしていると言う事は
面材耐力壁を使っていないと言う事。
つまり、耐震性能は筋かいで持たせていると言う事。

外周部に筋かいがたくさん入ってきたら、
吹き付けの施工はかなり難しくなります。
ダブルの筋かいが入ってきたら かなり難しいぞ~。

湿気も想像以上に移動しますので、リスクがありそうです。

いったい誰が、こんな施工方法を考えたのでしょうか?
私が初めてアイシネンを採用した17年前には 無かったですね。
FやAと言った国産の商品が出だしてから
「透湿防水シートに現場発泡を吹き付けしたら安く上がる!」
と言う事で広まり始めました。

友人の働いている某住宅会社も この施工方法をとっています。
社内の誰がこの施工方法に決めたのか?と聞いたところ
「最初は硬質ウレタンの会社と話をしていて、
 透湿防水シートに吹き付けする方法があると聞いていた。
 現場発泡の代理店に、こう言う施工方法が可能かと聞いたところ
 可能だという返答をもらった。
 そこから始まりました」

んー、これは責任を擦り付け合うパターンですね。(^^;


やっぱり、面材耐力壁は入れるべきです。
急激な空気の動きと、湿気の動きを抑えてくれます。
まろやかにしてくれる!という感じです。
特にダイライトMSはメリットが大きいですね。
(ダイケンさんにお金を貰っているわけではありませんよ!)
それに、気密性能を確保するには、面材耐力壁の採用が合理的です。

全画面キャプチャ 20170721 175740


透湿防水シートに吹き付ける工法ですが 徐々に減りつつあるようです。
それは、お施主様が しっかり質問をするようになって来たからだと思います。

「この工法でC値はどのくらい出せるのですか?
 最低でも0.5ぐらいは確保できますか?」
この質問をされたら、この施工方法は退散するしかありません。

ハウスメーカーには色々質問してみてください。
ポイントとなる質問はいくつかありますよ!(^^)/

ちなみに、福田温熱空調さんも「リスクあるよね~」と言っております。

PS :
 自分で実験体を作って遊んでましたので
 特性は良くわかっています。
 現場発泡の中では、やはりアイシネンがお勧めですね。
 少し高めですが~。

カテゴリ :研究 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫