「日本透湿防水シート協会」をご存知ですか?

 2017-07-21
「日本透湿防水シート協会」をご存知ですか?
興味がございましたら、このHPを覗いてみてください。

ちょっと気になる事がありまして・・・・

全画面キャプチャ 20170721 174122

最近、現場発泡の断熱材を
透湿防水シートに吹き付けしている家を良く見ますが
これって危ないんじゃないの?
と思いまして、色々調べてみました。

この協会が指摘しているのは、
発泡時に力が掛かって外側に膨らみ、
壁体内通気が阻害される。
と言うリスクについて警鐘を鳴らしています。

でも。リスクはそこじゃないんですよね。

全画面キャプチャ 20170721 175751 
透湿防水シートに吹き付けしていると言う事は
面材耐力壁を使っていないと言う事。
つまり、耐震性能は筋かいで持たせていると言う事。

外周部に筋かいがたくさん入ってきたら、
吹き付けの施工はかなり難しくなります。
ダブルの筋かいが入ってきたら かなり難しいぞ~。

湿気も想像以上に移動しますので、リスクがありそうです。

いったい誰が、こんな施工方法を考えたのでしょうか?
私が初めてアイシネンを採用した17年前には 無かったですね。
FやAと言った国産の商品が出だしてから
「透湿防水シートに現場発泡を吹き付けしたら安く上がる!」
と言う事で広まり始めました。

友人の働いている某住宅会社も この施工方法をとっています。
社内の誰がこの施工方法に決めたのか?と聞いたところ
「最初は硬質ウレタンの会社と話をしていて、
 透湿防水シートに吹き付けする方法があると聞いていた。
 現場発泡の代理店に、こう言う施工方法が可能かと聞いたところ
 可能だという返答をもらった。
 そこから始まりました」

んー、これは責任を擦り付け合うパターンですね。(^^;


やっぱり、面材耐力壁は入れるべきです。
急激な空気の動きと、湿気の動きを抑えてくれます。
まろやかにしてくれる!という感じです。
特にダイライトMSはメリットが大きいですね。
(ダイケンさんにお金を貰っているわけではありませんよ!)
それに、気密性能を確保するには、面材耐力壁の採用が合理的です。

全画面キャプチャ 20170721 175740


透湿防水シートに吹き付ける工法ですが 徐々に減りつつあるようです。
それは、お施主様が しっかり質問をするようになって来たからだと思います。

「この工法でC値はどのくらい出せるのですか?
 最低でも0.5ぐらいは確保できますか?」
この質問をされたら、この施工方法は退散するしかありません。

ハウスメーカーには色々質問してみてください。
ポイントとなる質問はいくつかありますよ!(^^)/

ちなみに、福田温熱空調さんも「リスクあるよね~」と言っております。

PS :
 自分で実験体を作って遊んでましたので
 特性は良くわかっています。
 現場発泡の中では、やはりアイシネンがお勧めですね。
 少し高めですが~。

カテゴリ :研究 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

スマートリモコンを導入!

 2017-05-22
スマートリモコンに興味が出てきたので
とりあえず、導入してみます。

選んだのは、この商品です。
1-2017-05-22 (1)

どんな感じなのか、早くいじってみたい。
温度、湿度、音などのセンサーと組み合わせる事が可能!

それと、前回ご紹介した「ネタトモ」の画像をアップしておきます。

1-2017-05-22 (3)

室内用のカメラと組み合わせることも可能です。
現場の管理にも応用できるかな?
1-2017-05-22 (4)

こちらは外部用のカメラ付きライトです。
不審者の多い地域には役立ちそうです。
1-2017-05-22 (2)

今使っているデータロガーの画像もアップしておきます。
i-OSに対応していないのが とっても残念です。
(させるべきでしょう!)
1-2017-05-22.jpg

住宅の性能は やはり数値で比較したいです。
そして、数値で比較するためにも 測定機器に拘ります。

自分の理論が正しかった事を証明するためにも 
数値データは必要なんです。

こんな、CONCEPT建築設計ですが、
話をしてみたくなったら ご連絡ください。
もっともっと深い話をさせて頂きます! (^^)

PS:今年の夏も暑そうですね!データの取りがいがあるな~


カテゴリ :研究 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

この空気清浄加湿器がなかなか良い!

 2017-02-25
シャープの空気清浄加湿器がなかなか良いです。

加湿能力が意外に高く、プラズマクラスターも付いています。
それでいて実売2万円チョイ。
大きさも小さく見えるデザインですね(^^)

1-0122e6da442c757e070d3545a1035f14e3c9c40bef.jpg

なかなか良かったので、
自宅用と事務所用の2台を使用中です。

ちなみに、超音波式の加湿器もあるんですが ぜんぜん加湿してくれません。
白い煙はモクモク出るんですが 湿度は全く上がりません。(^^;

CONCEPT建築設計は 家電も実験します!


カテゴリ :研究 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

営業トークに騙されないで!

 2016-12-20
最近のデータです。
一位に「建物の性能」が入っていますね。

1-01ebdb31f8d331154f56018c874af45c73f3c962dd_2016121123271568e.jpg

そうは言っても、営業トークにやられてしまう施主さんは多いようです。

それに対抗するのは
「性能を数値で示してくれ!」
という言葉でしょう。

性能に自信があるなら数値化してアピールするに決まってます。
数値で比較して間違いはありません!
でも、数値の為に窓を小さくしたり減すのは邪道です。

1-01c84578083d9bb4226997b840fe3b30f919a5b410_20161211232714127.jpg

本日、T邸で気密測定がありました。

結果は 0.08c㎡/㎡

良い数値ですが、邪道は使っていません。(^^)
当事務所はまじめにクリーンにハウスメーカーと戦います。

PS:大工さんも数値目標があるからこそ頑張れます!

カテゴリ :研究 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

準防火地域に狭小住宅を!

 2016-09-12
実は同じような案件が3つありまして
「準防火地域で間口が狭い。でも耐震性はきっちり確保したい。
 サッシも樹脂サッシの良いものが使いたい!」
と言う要望です。

隣との離隔が少ない場合はこのガルバを使います。
軽いので施工が楽なのです。
そして、フェノールフォームを外張りした「ダブル断熱」でも施工可能!
と言うのがポイントです。
1-01ba9900a87fe7e6bda43874dbd3fb85893d43644c.jpg

耐震性能に関してはグランドワークスの金物工法とダイライトMS
そしてスジカイと制震テープ工法を組み合わせます。

自分の知識と業者さんの知識、そしてメーカーさんの知識を集めて
「ハイバランスの家」を作り上げたいと思います。

PS:
 難易度は高いですが ヤリガイはありますね (^^)
 どんな施工方法をとるかは 直接会ってお話ししたいと思います。

カテゴリ :研究 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫