FC2ブログ

50mmの排気管はやはり危険

 2018-06-19
当事務所が国産の換気システム(ローヤルは除く)を使わない理由。
50mmの排気管(スパイラル管)をシステムに組み込んでくるから。

専門家の情報によると、
やはり今でも50mm管が詰まるというトラブルが発生しているそうです。
排気ができないと言う事は 給気ができても空気が流れないと言う事です。

空気が流れないと言う事が、かなり深刻な問題となっています。
詳しくはお会いした方にお話しします。

最近、売れているらしいマーベックスの配管です。
100mmや150mmを基本とした考え方は正しいです。
50mmは論外、せめて75mmは欲しい。
014250d9380b9c3177a40441d2e8c55f06177ef328.jpg

マーベックスの換気システムは基礎断熱用ですね。
床下エアコンにしなくて大丈夫?とは思うんですが。

基礎断熱は断熱性能不足となりやすいので、
外側+内側+内床(外周部)に断熱材が欲しいです。

住んでいる方に聞くと、コンクリート臭はわずかに上がってくるそうです。

当事務所でも今度採用する予定です。
(クライアント様の要望により)

ガデリウス、バーコ、ジェイベック、スティーベル、ローヤルに続いて
6番目のメーカーを採用することとなります。(^^)
一応、カウンセリングして商品を決めております。

話は変わって、
最近、第一種換気システムを標準とするハウスメーカーが増えています。
電気代が安くつくとか、スペックが上がるとかで。

でも、気を付けてください。
年3回ほどフィルターを掃除しないと、大変なことになるかもしれません。
実際にトラブルになって第三種に入れ替えた物件がいくつもあるそうです。
メンテの必要性をしっかり説明しているハウスメーカーはごく少数です。

フィルターは寿命があります。
それは、ご存知かと思いますが
「モーター」「熱交換素子」そして「換気システム本体」にも
寿命があります。
モーターと熱交換素子の寿命は 15年弱なんで忘れずに交換してくださいね。
劣化してきたら面倒なことになりますよ。
(熱交換素子の寿命が5年のメーカーもあります)

私の家は全部 第三種換気システムです。
忙しくて手入れをする時間がないので。(^^;

うちで設計した家の
15%が第一種 85%が第三種
です。
カウンセリングして、商品を選定しております。

こんな事を全部説明するハウスメーカーはまずありません。
CONCEPT建築設計は義務として全部説明いたします。

設計事務所やハウスメーカーの説明で満足できなかったら
最後に当事務所にお越しください。(^^)/

PS:
 北海道も第一種から第三種に戻り始めているそうです。
 それでも第一種が標準のHMが増えているのはなぜか。 
 バリバリの研究者が標準仕様を決めているわけではないから・・・。

カテゴリ :換気システム トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

「第三種が標準、第一種はOP」その理由は 

 2018-02-28
最近、熱交換型の「第一種換気システム」を標準にしているハウスメーカーは多い。
でも、「それで本当に良いと 思っているのか!」と聞きたくなります。

当事務所はダクト式第三種が標準です。
採用率は85%。
第一種はオプション扱いで 採用率は15%ほどです。

換気システムの種類を決めていくときに こう聞きます。
「年4回のフィルター清掃を忘れずにやれますか?
 もし2年間ほったらかしにしたら大変なことになりますよ!
 大丈夫なら第一種を採用しても良いと思います」

こちのメーカーのカタログにはやんわりと書いてありますね。
ホームページには 清掃すべき回数がちゃんと書いてあります。
018a48687c55047a0726ad5dcc2a10121986798468.jpg

こちらのメーカーはキッチリ写真付きで書いてあります。
3か月経ったらフィルターはこのくらい汚れます。
忘れすに清掃してくださいね~と。
01870e60807e040cbc96dc4130d3cd83ff739710be.jpg

第一種が標準の会社は
「熱交換のできる第一種換気システムが最高!」
と言うに決まってます。
あえて第三種に変更してくれと言う 施主さんも居ないでしょう。

しっかり説明していないからね!

説明できている会社は少ないし、間違って説明していたりもする。
10年間メンテフリーです!と間違って説明しているハウスメーカーもいました。

換気システムを納入している 福田温熱空調の代表は言います。
「やっぱり第三種の方が良いと思う。
 普通の人はメンテしないですから。
 第一種の導入に失敗した工務店さん泣きつかれて
 第三種に入れ替えしたこともあるし・・・。
 第三種が安全で良いと思います。
 北海道の住宅も第一種から第三種に戻りだしてますわ」

わたしも同感です。
メンテを楽しめる人だけ 第一種を採用してください。

ちなみに私の最初の自宅は第三種、2棟目の家も第三種です。
メンテをしている暇はなし、第三種でも充分有効です。(^^)/

PS:将来、これは大きな問題になると思います・・・。

カテゴリ :換気システム トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ジェイベックが第一種換気システムを発売します

 2017-12-05
速報です!
ジェイベックが第一種換気システムを発売します。

0105e3819b421fe9cc0b1dcc34effe1f1e8a4dac08.jpg

定価は398000円です。
入り値はいくらになるか調査中。
スティーベルの第一種より安くなりそうです。
施工性が良いと嬉しいのですが、詳細は不明。

018ab52e67b85a479c820f984c4432eb1f47cbc731.jpg

モーターはドイツ製のECモーターを使っていますね。
(省エネですがDCではないんですよ)

01b7fb381a9e70ef3a7f6d24170bd2882f15d8828f.jpg

当事務所の換気システムの標準仕様は
「ダクト式の第三種 ジェイベック製」
これを使う理由は
・メンテナンスが楽
・空気を確実に入れ替えられる
・北海道も第一種から第三種に戻りつつある
です。

「ダクト式の第一種」を標準にしている会社は
フランチャイズ系や大手ハウスメーカー系が多いです。
数値を稼ぐのに手っ取り早いからだと思われます。
ただ、お客様にメンテナンスの必要を
ちゃんと説明できていないケースが多いのです。
第一種にするか第三種にするか 選択できないのはダメだと思います。

「ダクトレスの第三種」を標準にしているのは
高気密高断熱もどきを作る会社や建売住宅、ローコスト住宅が多いです。
高気密高断熱の先進国の技術者から見ると
「日本人はわかってねーな!」
と思われてしまうでしょうね。
排気ファンは近いところから空気を引っ張るので
家全体の空気をキッチリ入れ替えるのは難しいです。

CONCEPT建築設計では
ジェイベック、ガデリウス、スティーベル、ベントsan、ローヤル電機
と言ったメーカーの施工事例があります。
マニア的なお客様に第一種(国産ではない)を採用した事例もしっかりあります。

ちなみに、
自社物件はダクト式第三種「ジェイベック」「ガデリウス」
それとダクトレス第一種「ベントsan」
を採用しております。

この辺のことは 設計しながら何を採用するか ご相談しましょう!(^^)
決めるのには時間が掛かりますので。

では、よろしくお願いいたします!


カテゴリ :換気システム トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

給気口から入る騒音を低減する

 2017-06-21
第三種換気システムの給気口から 騒音は多少入ります。
なので、音が気になるときは 筒の中にインシュレーターを装着します。

IMG_8386.jpg

これがインシュレーターです。
穴の数は調整できます。最大4つまで。
IMG_8385.jpg

取り付けましたところ、効果は体感できました。
昔から使ってますが、改めてビフォーとアフターを比較しました。

第三種はメンテナンスが楽で良いです。
基本は第三種で提案して、
メンテナンスを喜んでするという方に 熱交換もご提案します。

ちなみに、私はメンテナンスをしない派!です。
その時間があったら、家具のデザインでも考えますわ (^^)/

カテゴリ :換気システム トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

スティーベル製 熱交換ダクトレス換気システム

 2017-06-21
クライアント様のご要望で
「スティーベル製 熱交換ダクトレス換気システム」を
導入いたしました。
選ばれた理由は汚れが目視できるので安心感がある!
と言う事でした。

IMG_8408.jpg

3組の計6台のシステムです。
トイレや浴室、洗面所はシステムから外し 局所換気となっております。

当事務所の展示棟ではベント・サン製の熱交換ダクトレスを採用しました。
それぞれ良い点がありますので  甲乙つけがたいです。
お好みに合わせて検討させていただきます。

当事務所は色々な換気システムを採用して来ました。

・ダクト式第3種
  ガデリウス
  バーコ
  ジェイベック グリーンファン
  ジェイベック DCエンジェル
・ダクト式第1種
  ローヤル電機
  スティーベル
・ダクトレス第1種
  ベント・サン 
  スティーベル

今度は色々ありまして マーベックスを導入する予定です。
下調べはバッチリしてありますので 問題はないでしょう。
色々なシステムを使っていますが 気まぐれで選んでいるわけではなく
クライアント様の要望に合ったものを提案しております。
(リスクのある実験は自社建物で行いますので ご安心ください)

コントローラは今風のおしゃれなデザインですね。

IMG_8409.jpg

このダクトレスの使用感を 早くお聞きしたいものです。(^^)






カテゴリ :換気システム トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫