プライバシーの確保

 2012-10-24
街を歩いていると
「この家のリビングのカーテンは ほとんど開けらる事はないだろう」
とお思われる家をよく見かけます。
やはり、リビングの窓は外の気配が感じ取れる開放的なものにしたいですね。

プライバシーを確保しつつ 外に開放的な家を造るには 2階リビングが最適です。
特に南側に大きな家が建っている場合、道路側にリビングを取りたい場合は有効です。

IMG_1906_20121021075413.jpg
Fuc-Houseのラフパースを画いてみました。
2台用のビルトイン車庫がある方向は 非開放的になってしまいがちです。
その車庫の上をバルコニーにしたら 2階リビングの家はとても開放的になります。

CONCEPT建築設計では 2階リビングの採用率が33パーセントほどです。
開放的に家を造るために 積極的に2階リビングを提案しています。
採用できるかどうかのカギを握っているのは 「奥様が2階にリビングに抵抗があるか」ですね。

これから着工する Mor-House も2階リビングの家となります。
きっと、すごく開放的で明るい家になりますよ。
工事状況の進行状況に 是非ご注目ください。





カテゴリ :プランニング トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

他社のプランと比較してみた

 2012-10-16
Fuc-House のファーストプラン・パース・概算見積りが完成。
 
クライアント様に提出しました。

IMG_1906.jpg
当事務所のプランは 敷地の形状から判断して 2階リビングの間取りで提案しました。

今回の競合は地場ハウスメーカーのN社とC社である。

N社はエース的な設計士ではなく、少しセンスの落ちる設計士だと感じました。
フリーハンドのプランの線の画き方、色使いはプロと言うより素人に近い。
この会社は斜め壁を多く取り入れるのが特徴だが
このままでは構造的に家が建てられません。
地盤改良、基礎、耐震パネル、断熱材全ての面で住宅業界の平均レベルを下回っています。
ローコストより見えない部分の質は低いと感じました。
すぐれているのは、造り付け家具とエース級設計士のプラン、それと外観と室内の仕上げ方です。

C社はゆるい勾配の金属屋根、軒の出がほとんどなく、ガルバを使った黒っぽい家が主体です。
人気があってとても売れている会社ですが、
ローコストもパクりやいデザインなので そのうち飽きられる可能性は高いですね。
プランを見ましたが高気密高断熱とはかけ離れた 見栄えを重視した家でした。

私が住宅会社にいた頃から これらの会社とは競合していますので、
もう15年以上戦っている事になりますね。

現在は
「分離発注方式でコストを13%削減している」
「数値的にすぐれた高気密高断熱住宅を専門的に設計している」
を売りに勝負しております。

CONCEPT建築設計は他社競合を歓迎しておりますので、
家をお考えの方は、ぜひ比較してみてください。







カテゴリ :プランニング トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫