第一種換気システムの保守費用は?

 2018-07-17
当事務所では、

・第三種換気システムは一般向けで採用率85%
・第一種換気システムはマニア向けで採用率15%

となっております。

ところで、第一種換気システムのメンテナンスの保守費用って知ってますか?

マーベックス
・モーターの耐久年数 10~15年
・モーターの価格 3万円前後 (給気と排気を合わせて)
・熱交換素子 13000円

三菱
・モーターの耐久年数 6年
・モーターの価格(給気と排気とも) 11500円前後
・熱交換素子 33000円 (寿命は10年と予想します)
・本体寿命 15年

三菱の場合、2台設置する事も多いです。
そうすると費用は倍かかりますね。
モーターの耐久年数は短いですがもっともつのでは?
部品の保有年数のからみかな?

自論ですが、一般の人には第三種が良いと思います。
将来、「保守」が大問題にならない事を祈ります。(^^;



カテゴリ :ひとりごと トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

解体屋、基礎屋、大工 8月末まで混みあってます

 2018-07-17
石川県の住宅業界ですが
解体屋、基礎屋、大工 以上の業種が8月末まで大変混みあってます。
メチャクチャ混みあっているそうです。

新築工事に加え、リフォームもかなり増えているようです。
やはり消費税引き上げの影響が出始めています。

当事務所では、大工さんをレギュラー化しているので
この要の業種は大丈夫です。
富山県の現場に関しては 新たな基礎屋さんを紹介してもらいました。
同じく富山県の板金屋さんも、紹介してもらいました。
業者さんの構成を 現在の受注棟数に対応できるように
組み直しております。

また、CONCEPT建築設計の設計スタッフの構成も 組みなおしております。
正社員を一人と準正社員(外注となる可能性もあり)を8月中に強化いたします。
2人とも実力はありますので、質とレスポンスは上がると思います。
私としては、設計に拘りのある人と 建築について語れるのが楽しみです。(^^)

秋からさらに忙しくなりそうですが、満足の行く仕事ができるように頑張ります。

PS: 
 忙しくなる時期だからこそ、業者選びは慎重にすべきです。
 住宅はフルオーダーですから。
 契約をしてから 造り始めるモノって少ないですよね~(^^)

カテゴリ :ひとりごと トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

築60年の建物で実験

 2018-07-09
上荒屋バスロータリーに面する築60年の長屋(RC&ブロック造)です。
廃墟と言った感じが 広場のイメージを壊しています。

これは、もう
ヨーロッパのカフェ風に直すしかないでしょ!

012c4cb9fa5510773e4c38923f1160f6fc004eb003.jpg

と言う訳で、実験プロジェクト開始です。(^^)/

PS:面白そうな事は いろいろやってみます。(^^;

カテゴリ :ひとりごと トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

この本は 大手ハウスメーカー・キラー

 2018-07-05
この本は 大手ハウスメーカー・キラーですね。
「エコハウスのウソ」前真之著

再び登場。
この本は貸し出す価値があります。
写真やデータで分かりやすく説明してあります。
01ba70fe1089a7ee3e99b5cc8fdcf15d6c002b3980.jpg

先日も、施主さんにお貸ししました。
知り合いの左官屋さんに
「高気密高断熱住宅は 25年ぐらいしかもたない」と言われ
不安に思われていた施主さんです。

読んで頂いた結果
「気密は大事だと言う事が分かりました。
 左官屋は間違った事を言ってます!」
となりました。
説得力がありますね。

いまだに、軽量鉄骨系のハウスメーカーは
「国が進めるZEHでは 外皮性能が重要なのですが、
 気密性能は考えなくてよくなりました」
と、都合のいいように説明しているようです。

世界的な常識は
「断熱性能を上げる時は 気密性能も上げる必要がある!」

日本の大手ハウスメーカーの作った常識は
「断熱性能だけ上げれば良い 気密は考慮しなくて良い」
ですから。(^^;

当事務所は、信念を貫いて コツコツコツとやって行きます。

PS:この本を追加購入して 貸し出す事にしました。(^^)/
 

カテゴリ :ひとりごと トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

4人の大工さんと一緒に飲み

 2018-07-03
先日、石川県の大工さん(レギュラーのうちの4人)と飲みに行ってきました。
私が大工さんと色々話をしたかったのと、
大工さん同士のコミュニケーションをはかるためです。(^^)

写真は飲み会のイメージです(再利用)
012ce25e8e7c7426e9e04ff3465a0e89ff5527568c.jpg

その話の中で気になることがありました。

関東の某建て売りメーカーが北陸に進出してきている!
と言う事でした。
福井県では、この会社の着工棟数がかなり上位になってるそうです。

石川県でも20区画の土地の造成を始めたそうなので、
少なくとも年間販売棟数はプラス20棟になりそうです。

そこで必要なのが施工業者です。
特に力をいれて探しているのが 大工さんです。
「何棟かまとめて仕事出すから やってくれんか?と
 業者経由で自分も声掛かりました!」
と言う、大工さんの報告もありました。

どうやら、ブラックリスト大工も表に出てきそうですね!
最近、消費税アップ前の仕事増で 大工さんが不足してますから
クオリティーの低い家が沢山建ちそうです。

ちなみに、ブラックリスト大工とは
腕が悪く、しかも根気がない 大工モドキです。
注文住宅はクレームが付きすぎるので
アパートや改装や店舗の仕事を普段はしています。

急激に棟数を延ばしているハウスメーカーにも
ブラックリスト大工は入ってきますので ご注意ください。(^^;

PS:
 建売住宅を建てる会社も最近増えました。
 でも、土地の取り合いになってますので
 そのうち共倒れしていくでしょう。

カテゴリ :ひとりごと トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫