ディスカバリーのデザインもすごい!

 2018-02-19
最近、デザイン的に好きな車が ほとんど見当たらない。

唯一、デザインバランスが素敵と感じるのは
「レンジローバー and ランドローバー」
ですね。

IMG_2629.jpg

ホイールベースの長さ、オーバーハングの長さ、
Cピラーの角度と太さ、リアウィンドウの角度
ライトの大きさ、細かいラインやプレス
などなど

特にポイントとなっているのは
「オーソドックスなデザインが ものすごく洗練されている」
と言う所だと思う。

伝統を重んじる 国だからでしょうか?
ロータスもそうだが、イギリスってデザインが洗練されています。
(資本はイギリスでは無いかもしれませんが)

車のデザインセンスから刺激をもらいました。
明日からまた 頑張ります。(^^)

PS:写真の車はディーゼルエンジンです。
  高級なイメージがありましたが
  ランドローバーはBMWやVOLVOよりも安いですね!

カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

4WDは必要かな?

 2018-02-09
ヘビービュティーな家を提案するCONCEPT建築設計。
ならば、強い車にする必要があるかもしれない。

無難にティグアンを調べてみたら、意外と燃費が悪い。
ん~これはきついね。
中古でも値段が高いし。
2018-02-08.jpg

やっぱり本命はスバルのXVかな。
150万円ぐらいです。
天候の良い時でも使えそうだし、程よい大きさです。
2018-02-08 (1)

BMW-X3が諸経費込みで94万円です。
安い!(^^)
まあ10年落ちですからね。
でも、このころのデザインは好きなんですよね。
仕事柄、メルセデスとBMWとアウディには手を出さないんですが、
4WDのよさげな車が少ない(^^;
2018-02-08 (3)

うちのルノー・カングーは今年で16歳(18万キロ走破)。
3月に車検です。
でも、事務所を立ち上げてからの相棒なので 手放したくないし。

ちょっと、真剣に悩んでみようか(^^;


カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ドイツ車を体感してみる

 2017-12-05
先日、導入いたしました
「フォルクスワーゲン トゥーラン」です。
6年落ちで128万円でした。(^^)

01cba380e835892d9ceb51a1ef3c23f72501a62f5e_2017113023252290d.jpg

うわさに聞いていた7速DSG(ツインクラッチ機械式オートマ)は
シフトアップのショックが全く無いです。
さすがですね!(^^)

TSIは1.5Lエンジンにターボとスパーチャージャーを組み合わせて
燃費とパワーを両立しております。

そして、シャーシの剛性は 確かに高いと感じました。

中古車屋さんに
「余ってるホイールがあったらもらえません?」
と一声かけておいたら、
なんと、スタッドレス付きのアルミホイールをプレゼントしてくれました。
ありがとー!

この車でスタッフが快適に働いてくれると嬉しいです。(^^)

PS:最近、ガソリンが高いので 燃費がいい車があると助かります。

カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

社用車が必要になりまして、トゥーラン導入

 2017-10-28
スタッフが社用車を欲しいというので
トゥーランを導入します。
ワルター・デ・シルバがデザインをした車に 一度乗ってみたかったのもありますね。

7速DSG(デュアルクラッチマニュアル)に乗りたくてVWです。(^^;

IMG_0667.jpg

中古で128万円はお手頃ですね。
20万キロ乗ってもガタはこないでしょうから 
じゅうぶん元は取れます。

今の外車はたいして壊れないので、
軽自動車をちょこちょこ買い替えるより 絶対にお得だと思います。

設計事務所はセンスが大事なので 社用車は外車でいいんです(^^)/
と言う事にしておきます。

PS: ワルター・デ・シルバのデザインセンスを学んでほしい!です。

カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

電気自動車は5年周期で乗り換えか

 2017-09-19
30年前の話だが
フルモデルチェンジするたびに 新型車に乗り換える人が多かった。

でも今は、7年以上乗り続ける人が ほとんどですよね。(^^;

電気自動車の時代が来たらどうなるだろう。
リチウムイオン電池は消耗品なので
7年ぐらいで使い物にならなくなるとしよう。

20万円かけて電池を新しいものに交換するか?
それとも中古で売りやすい 使用して5年ぐらいで手放すか?
おそらく、乗り換えを選ぶでしょうね!

エコロジーではあるが、定期的な更新が必要となる電気自動車。
なんかビミョーですね(^^;

こちらシトロエンのC4カクタスです。
IMG_9131_20170915101727245.jpg
1.2Lのノンターボという非力なエンジンを搭載しています。
その代わり、軽量化に力を入れているそうで、
アルミのボンネットに 2ペダル式マニュアル(シングルクラッチ)を採用。
デザインはポップな感じで 収まりが良いと思います。
そのうちフランス車はEV化されて行くんですね。

日本は震災が多く電源喪失や暖房喪失も考えられるので、
やはり発電機として使えるエンジンが必要だと思います。
なので、306カブリオとV40ディーゼルはお宝として
ずーっと持ち続けます(^^)

天災に勝つための、「家」と「付随するモノ」を真剣に研究します。(^^)

カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫