「床下エアコン暖房2016型」を語る

 2017-04-07
今年の冬に 床下エアコン暖房を採用した「Tkh-House」を訪問してきました。 

CONCEPT建築設計としては こちら家がはじめての「床下エアコン暖房の家」です。
本当は自分の家を、この暖房方式で建てたかった。(今度は採用して建てるぞ!)

この工法、リスクもあったのですが、クライアント様はそれを理解した上で
「実験でいいし 床下エアコンを採用したいので、協力してほしい!」
と言ってくださいました。
そして、完成に至ったわけです。

住み心地はいかがでしょうか?聞いてみましょう。

同時に、家づくりナビの取材も行いました。
1-010798fec5163b2b322f27482cb00b7e2ee08a8b7d.jpg

1階床の温度は、27.2℃もありました。
これは暖かい!(^^)
床ガラリのそばでなくても この暖かさ。
夜中は深夜電力を使って エアコンの設定温度を28℃で運転しているそうです。
1-01c44d159444e975bdab473fcb85eec0783e691e66.jpg

ハーフ埋め込みエアコンです。
エアコンの周りにスタイロフォームをはめ込み 暖気がすべて床下に行くようになってます。
これは、クライアント様の考案したものです。
なかなかグッド!(^^)/
1-01f4cf679c5a345e8f4d5996df80eee59217fe3866.jpg

コールドドラフトを緩和する意味もあり、窓の前にガラリを入れてあります。
ちなみに、トイレや洗面所にもガラリを入れております。
1-01c4d6acbe0398fda5de7a580440facae8f039e7dc.jpg

ガラリは少し高級な木製ガラリを採用。
なかなか凝った構造なんです。
1-015359c7283b215f0173fa59eb61af828db882540f.jpg

トリプル樹脂サッシのガラス表面温度は22.3℃ほどです。
ほぼ室温と一緒ですね。
ガラスも蓄熱するんです。
窓のフレームが強烈にブルーですが、温度は5度低い程度です。
1-01381dcf9815a869c2946be39b881000b311eb2846.jpg

引き違いサッシの気密性能は高いのですが、熱橋に構造上なり易いです。
1-0178885967725cf34fd24436ff2da3d7f0db55a04a.jpg

開放的な室内も実現可能できました。
1-0170643538a82c2ac5b34bda21a50ad46ffeeead62.jpg

こまめに室内環境をチェックされていました。
オール電化の家ですが、お正月をまたいだ月の電気代は14000円だったそうです。
なかなか素晴らしいと感じました。
1-01a18a056597c5ec094225cb5858dc19a3383a16d0.jpg

取材の日、外はこんな天気でした(^^;
1-0172acdb02f5c63faad2b280d6d509eaf36f5bbf2b.jpg

床下エアコン暖房のリスクとしては
・コンクリート臭が気になるかもしれない
・コンクリート粉塵が気になるかもしれない
と言った事があげられます。

そのリスクを排除するために、2016型では施工に工夫をこらせました。
スラブ上に張る断熱材を理想的な形で敷き、
基礎に床下用開閉式換気口を設け、
地中梁方式のベタ基礎としました。

現在工事中の2017型の「Hon-House」では さらに改良を加えております。
基礎高さを750mmにしたり、いろいろ設計を改良しております。

北陸で「床下エアコン暖房」を 設計&施工できている会社はほとんど無いので
面白そうだしCONCEPT建築設計が普及に向けて頑張ります。(^^)/

よろしくお願いいたします。

PS:
 施工費用は床暖房より安くつきます。
 イニシャルコストも、ランニングくすとも、メンテナンスコストも。
 実績を積み事により、最近わかりました!


カテゴリ :床下エアコン トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

床下エアコン16式 最終検討中

 2016-09-23
床下エアコン暖房の弱点を改良すべく 16式を検討中。

コンクリート臭と粉塵の飛散をどう防ぐかが 一番の課題です。

1-0149a492ba397ee8502f32b0d75c37709af3da51de.jpg

16式では
・基礎高さを560mmから750mmに変更
・基礎は構造計算を掛け 地中梁を多用する。
・床下換気を開閉可能なダンパー付きを採用
・あとは秘密

射水市の「Hon-House」から16式を採用いたします。(^^)
よろしくお願いいたします。

PS:自宅をもう一回建てれるなら この方式を採用してみたいです(^^;



カテゴリ :床下エアコン トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫