FC2ブログ

ダイライトの生産が止まっている!

 2018-11-14
先ほど飛び込んできたニュースです。
「ダイライトの生産が止まっている!」

どうやら、ダイライトの原材料の一つである「ロックウール」が
入手できなくなっているようです。
そのロックウールはEUが原産地であり、
それが入手できないらしい。

少し前に、イギリスで火災がありましたよね。
外張りの断熱材が 壁の中で猛烈に燃えたという火災です。
ご記憶にありますでしょうか。

そのために、EUでのロックウールの需要が急激に高まったそうです。
その影響で日本には材料が流れてこない。

そしてダイライトの生産ストップ。

当事務所では 年内上棟と1月上棟の物件で使用するダイライトを
確保するように指示しました。
「無くなったからでは遅いので 間違えなく確保するように!」

そして、バックアップとしてモイスの導入の検討も行っております。

ダイライトが無かったら、サッシも付けられないですし・・・(^^;

PS:
イギリスでの火災の件です。
火災が拡大した原因は、設計者が指定した外張り断熱材ではなく
難燃材が入っていない断熱材をゼネコンが 採用したからだそうです。
ただ、もう一つ大きな原因がありまして、
3mm厚のポリエチレンシート(防水用か?)が張ってあって
それが 激しく燃えてしまったそうです。
日本では見た事のない材料ですが、そんな材料を使ってあったとは怖いですね。
この話は、「燃え広がり研究会」の副理事からの情報です。
情報を伝えてくれる CONCEPT建築設計の情報ネットワークに感謝します(^^)/


カテゴリ :建築 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

今週はブログの更新ができなかったな

 2018-10-19
今週は何となく忙しく
ブログが更新できませんでした。

本物のユーロナンバーを入手したので
カングーに付けてみました。
癒される~(^^)

01c94873113b807d10d5c02d68c576f7c78dbc7cc6.jpg

今週は「KYBの制震装置のデータ偽装」というショックなニュースが飛び込んできました。
きっと住宅用の制震スジカイも データ偽装をしていることでしょう。

家に4か所採用でOK!って言うアレを信用したらダメだと思います。
やはり、当事務所で採用している
「全体的に強くし 粘りを待たせて 地震に対抗する」と言う
設計思想が正しいと思います。

ダイライト と 金物工法 と 制震テープ工法
これらを組み合わせれば、どれかが少し偽装していたとしても
地震には勝てる気がします。

こういう提案をする、ハウスメーカー&設計事務所は少ないと思います。
でも、本気で「地震に勝つ家」を作ろうと思ったら こうなりませんか?(^^)

耐震性能にこだわるCONCEPT建築設計でした。


PS:
スタッフの補強が遅れ、大変お待たせしております。
今務めているHMが なかなか辞めさせてくれないらしいのです。
困ったものです。

カテゴリ :建築 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

そんな図面じゃ 注文住宅はムリ!

 2018-09-13
先日、ハウスメーカーの不備でトラブルになている住宅を調査してきました。

当事務所としては、手直しに掛かる費用を算出します。
そして、それを施主さんに提出いたします。

写真は全く関係ありません。
0184ce12269abddd70823b16bcd431b63465923f2b.jpg

現場や図面を見て分かったことがあります。
平面図は100分の1しかなく、施主さんの要望が記入されいませんでした。

すでにお持ちの冷蔵庫や 神棚や キーボードや 車の寸法が図面に書かれていない。
1/100の図面だと、細かいことを書くのは無理です。
そして、それらが全て置けなくなってしまったのです。

何のための、注文住宅か。

このハウスメーカーは年100棟ぐらい建てている会社なのですが
もともと建売住宅などを建てていた会社のようです。
それが急激に大きくなった・・・・。

きっとこう思っていたんでしょう。
 
 注文住宅なんて建売の延長だ。
 図面も1/100で充分。
 現場に行かなくても、電話で大工に指示すれば大丈夫。
 大工もちゃんと施工するに決まってる。

でも、それではダメなんですよ。
特に大きかったり、高額の物件の場合は。

この調査した住宅は大きく 大工さんも複数入っていたようです。
どんな大工が入っていたか分かりませんが
構造金物の取り付け不備が見られます。
(金物が付いていなかったり、構造に使えないビスが使われていた)
これを直していくのは、かなり大変です。

建売住宅やローコストを中心に建てている会社には
気を付けたほうが良いです。
会社の考え方や職人の質に 問題があるかもしれませんので。

PS:
 本当に、この家の施主様は お気の毒だと感じました。
 私たちは「間違った設計の進め方」をしないように
 気を付けて行きたいと思います。

カテゴリ :建築 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

アイセグⅡでデータ収集

 2018-09-05
アイセグⅡはスマートコスモ分電盤と通信して
各回路の消費電力を教えてくれます。

01e4414cde873cfd71a65ce150027176fa6e771107.jpg01e5192a949b56d1fad89efb09d3841820109d614a.jpg01fde9bfc421d42d78bca0c2108b296c0abc491ee4.jpg018e08720ab417cf74804b397427631397918409ea.jpg

テレビは110Wぐらい消費するみたいです。
(215Wの階段に含まれます)
換気システムはいつも27W程度
016392d6f5f08280a1acd1c2f840b0a219b3b3908e.jpg

これはグラフは リビングの照明とTVで使ってる感じです。
0195a457782e9fb085e3da7d2427bfef22898c8219.jpg

これはIHの使用がほとんどです。
0161f328afb943c1ae74a728379d0a78a7aa409f76.jpg

食洗機はこんな感じです。
金額も表示されてる。
01ea226847c74dba0b542d3cdbc80d9ca7d5e9116d.jpg

面白いけど、HEMSの導入費用は14万円ぐらい掛かります。
もう少し安くなれば普及するんでしょうけど
まだまだメーカーの販売掛け率が渋い!(^^;

興味を持った方は聞いてください。
そして、ハウスメーカーにも質問してみてください。
導入コストと使い勝手を!(^^)/

PS:小学校の自由研究ネタにも良いですよ!

カテゴリ :建築 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

気密測定の結果をアップしていませんが・・・

 2018-09-05
台風が当事務所に与えた被害はほとんど無く、
穏やかな生活が戻りました。

最近、気密測定の結果をアップしていませんが
安定して 0.067~0.110 を出しております。
(最近の4棟の結果)

こちらのF邸は0.067c㎡/㎡でした(^^)
DSCN0006.jpg

DSCN0008.jpg

CONCEPT建築設計の家は 気密性能が優れていますが
耐震性能も優れております。
(我が家は昨日の風でも、揺れませんでした)

耐震性能は建築基準法の1.8倍以上です。(通常は)

先日、あるハウスメーカーの広告記事におかしな記述を発見しました。

 耐震等級3(建築基準法1.5倍)

「軽い屋根材&小屋裏収納無し&積雪50cm地域」
と言う甘い条件だったとしても 
建築基準法に対して2.3倍は必要では?と思うのですが。
構造計算が必要だから、耐力壁はかなり必要なはずです。

ハウスメーカーによって 色々ですね。(^^;

耐震等級での表示は分かりにくいので嫌いです。

PS:
 この気密測定を行った家は ダイライト&建築基準法1.8倍 に加え
 制震テープ工法&金物工法で 風や地震にはとても強いです。
 今後、このような家を普及させるのが 良いのかもしれません。(^^)
 とにかく、「強い家」を提案いたします。

カテゴリ :建築 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫