建売住宅が良いわけないでしょ!

 2017-10-01
先日、テニス仲間のおっちゃんから電話があった。
「息子が建て売り住宅を 買う気満々なんだよね。
 俺も店舗の施工をしているから 
 建て売り住宅が良いわけないのは分かっているんだけど
 うまく説明できなくてさ。 
 橋本さんから説明してもらえないかな!」

と言う事で、息子さんにお会いして お話をさせて頂きました。
今まで自分が経験したことや 建てている現場を見た時の感想、
実際に建て売りの仕事をしている職人さんから聞いた内容を
お伝えしました。

そして、建て売り住宅はやめて、注文住宅で家を建てることになりました。
当社で受注するか、お友達の工務店で建てるかはわかりませんが、
とにかく 注文住宅で家を建てる事になって 良かったです。(^^)

欠陥住宅は現在でも たくさん建ち続けています。
そして、やはり致命的な欠陥は建売住宅に多いようです。

こちらは 「第三者住宅検査会社カノム」さんの検査の様子です。
当社の物件をチェックしてもらっています。
DSCN0757.jpg 

名古屋の検査会社さんなのですが、石川県にもたまに来られます。
手抜き工事で有名になったローコストS社の建てた家の検査だそうです。
富山のI社の検査も何件かした事があるそうです。
家もひどかったが、会社の対応もひどかったそうです。
大きい会社なのに・・・。

いろいろ話をさせて頂いて
「大工ではなくエアコン屋が建てた欠陥住宅」と
「伝統的な手刻みなのにド下手な欠陥住宅」
「隙間相当面積4.0c㎡/㎡で高気密と言い張る大手ハウスメーカー」
などの話は強烈でした。

全ての設計士は こういう欠陥住宅の実例や真実を知り、
家を持とうとしている人にアドバイスをするべきです。
そして、家を持とうと思った方は最低限の勉強をすべきです。

折角なので、カノムさんのホームページへのリンクを張っときますね。

カノムさんのホームページ

当事務所は検査の結果
「コンセプトさんはレベル高いですね!」
と言っていただけました。(^^)

PS:
今まで見てきた欠陥住宅の事例
・2回の根太が梁まで届いておらず床が下がった。
・室内側からのドリルが 野地板を貫通して瓦を持ち上げたままで放置。
・耐震の金物はついているが釘止めしてない中古の家。
・真冬なのに基礎の型枠養生期間が中1日。
・筋かいが建築基準法の1.05倍程度の弱い家。
・ツーバイは屋根が掛かるのが遅いので 2週間ずーっと雨ざらしの家。
見ていて悲しくなります・・・・。


カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

気密のチューンナップ

 2017-09-02
昨日、Y邸の気密測定を行いました。

今回も クライアント様が立会されました。

IMG_9668.jpg

第一回目の気密測定の結果 0.20c㎡/㎡

引き続き 気密のチューンナップを行います。
建物内の気圧を下げて、空気が流入してくる場所を探し出します。
その場所を確認して、補修を行います。
そして、第二回目の気密測定を行いました。

その結果は 0.09c㎡/㎡

機密性能が性能が向上しました。

先日、気密測定を行ったN邸においても
 第一回目 0.12c㎡/㎡
 第二回目 0.08c㎡/㎡
とチューニングが施されました。

0.12で満足せずに 0.08を目指す!
これこそ気密職人です!(^^)

ある大手ハウスメーカの営業は 
「国の気密の基準は 5.0c㎡/㎡なので
 それをクリアできれば高気密高断熱住宅です!」
と言い切るそうですが、それは恥ずかしいことです。

換気システムを生かす気密スペックを知らないし、
気密先進国の基本的な気密スペックも知らないし、
勉強している施主が「そんな数値嫣然だめだわ」と思っているのも知らない。

気密はせめて1.00c㎡/㎡をクリアさせましょう。
これは専門家としての常識です。

大手ハウスメーカーの神話は 崩れ始めています!ね(^^)

PS:
 本当に住宅業界は不思議。大手が質の低いものを売る業界です。
 それに気づいた方は利口だと思います。

カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

エアコンは良く故障しますね~

 2017-09-02
先日、新築住宅に取付をしました コロナのエアコンです。
機能がシンプルで好感が持てます。
しかも、エコキュートと同時採用でお安く入手できます。(^^)
IMG_9604.jpg

シンプルではありますが 再熱除湿の機能があります。
再熱除湿の機能は昔は標準でした。(安いシリーズを除き)
しかし、今では再熱除湿機能を持った機種は少なくなりました。
IMG_9602.jpg

ちなみに、再熱除湿とは
除湿運転をしたときに 吹き出し温度も低くなります。
そのままだと寒く感じますので ヒーターで再加熱する機能です。
IMG_9603.jpg

お客様からのメンテ依頼で 最も多いのが
エアコンの不調です。

水がポタポタ垂れてきた。冷気が出ない。
暖気が出ない。ついに壊れた。
直したばかりなのに壊れた。

メンテ依頼が入ると代理店に連絡し 
メーカーまたは取付業者に動いてもらいます。

費用が発生する場合は 特にややこしいです。
見に行くだけで5000円掛かると言うメーカーもあるので
結構もめたりします。
当事務所としては、費用はできる限り請求しないでくれ!
と強く言うことしかできません。

これからは、家電量販店をうまく使うことも検討したいと思います。
メンテ対応をスムーズにし
長い保障期間で無償修理できる方法を探ります。(^^)

PS:
 エアコンは寿命のある設備機器です。
 だから、あまり高価なものは買いたくないです。(個人的意見)


カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

根太を使っての高気密は無理です

 2017-07-03
「高気密高断熱住宅をしっかり作っているハウスメーカー」を見極める方法。

ほぼ全棟の家で気密測定している。(むしろやらない理由を聞きたい)
気密測定は社外の人にしてもらっている。(数値をねつ造するメーカーもありますから)
C値は0.6c㎡/㎡を切るのは最低条件です。(2.0c㎡/㎡は あまあまです。)
UA値も0.55W/㎡Kは最低でもクリアしましょう。
タイベックに現場発泡吹付は邪道です。(やばいと思いますよ)
根太を使っての気密施工は無理!と言うか合理的ではない。(下の写真です)

IMG_8547-001.jpg

家を売りたいがために、高気密っぽいことを言う会社も増えました。
騙されないように 充分気を付けてください。

気密を取らずに 断熱性だけを追求した家の危険性は
「福田温熱空調」」さんのホームページをチェックしてみてください。
勉強になることが たくさん書かれていますよ。

良い家を建てるには、多少の勉強は必要です。
人任せでは良い家は建ちません。
正しいアドバイスをしてくれる人を 見つける事も重要です。

そろそろ構造内見会を行います。
良かったら見にいらしてください(^^)/


カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

小規模企業共済で控除を受ける!

 2017-06-08
今回は経営者向きのネタです。

小規模企業共済って知ってますか?
退職金代わりの積み立てなのですが 限度額まで控除となります。
(個人の確定申告の時に効いてきます)

1-01bd09bbdd004623114d3cd310b28f77185845da06.jpg

ちなみに、この共済は正社員が5名以下の会社でなくてはなりません。
確定申告書の用紙にも「小規模企業共済」の控除の欄があります。
社会保険控除のすぐそばにあります。

それと、もう一つ面白いのは「ふるさと納税」ですね。
これは、一般の方でも使えます。
私は九州にふるさと納税して、鰻やソーセージや焼酎をお礼にもらっています(^^)/
(自分の故郷でなくてもOKなんですよ!)

例えば九州の鰻の例を上げましょう。
(前にも書いたかもしれませんが!)

20000円納税して、特大国産養殖鰻のかば焼きを5つ貰います。
10%は手数料として引かれてしまうので 
2000円を差し引いた18000円を確定申告の時に控除できます。

つまり、2000円で鰻のかば焼きをゲットした事になります。
実質8000円ぐらいお得なんじゃないでしょうか!
おまけですが、楽天市場を経由して購入すると 
楽天ポイントが2000円(時期によっては400円)ついてきたりします。

この内容、知っていたらお得ですよね!(^^)

話は変わって、家を建てるときに「分離発注方式」を使うとかなりお得なんです。
今回はサラッとお話ししておきましょう。
・業務報酬額はお見せする事もあり 安めに設定してあります。
 (実際、営業職が存在しないので人件費は安くつき、金利負担も少ない。)
・解体工事や地盤改良工事に対する 当社管理料は4~6万円と少額。
・キッチンのグレードが上がったとしても、原価の差額だけで大丈夫。
・造り付けの家具も原価で採用する事が可能。
・太陽光発電を10kwを追加したとしても、当事務所の管理料は5万円程度。

建築原価が高くつく高気密高断熱住宅と分離発注の相性はバツグンです。(^^)

CONCEPT建築設計流分離発注を よろしくお願いいたします。

PS:
 責任の所在があいまいと言われる分離発注ですが 
 CONCEPT流は 全ての責任を当事務で取らせて頂きます。m(__)m


カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫